ベジママで妊娠したブログ

ベジママ、その他の妊活情報

*

豊胸手術のデメリット!危険じゃない方法が他にあるよ

      2015/06/02


豊胸手術とは何ぞや?

豊胸手術のデメリット!危険じゃない方法が他にあるよ

豊胸手術とは整形外科手術によって女性の胸を大きくする方法です

豊胸手術ではメスで胸を開いてシリコンバックというシリコンが入った袋を埋め込んで大きく見せる手術です。

医学の進歩により胸を大きく見せられるようになってきましたが、まだまだ問題点もあります。

若いうちはいいが、年齢を重ねて垂れてくると不自然な形になったり、触ると分かる、横向きに寝ると不自然な形になるなど。

手術後の痛みや腫れなども辛いらしいです。

胸の中に異物を入れている事はかなり無理のある行為です。

豊胸手術の種類

乳腺下、大胸筋下、筋膜下にシリコンバックを入れる方法があります。

1990年以降は筋膜下が主流で、わきの下を2~3cm切開し、乳腺と大胸筋との間にある筋幕の間にシリコンバッグを挿入します。

豊胸手術のデメリット

冒頭にもざっと書きましたが、もう一度おさらいします。

カプセル拘縮

胸の中にあるシリコンバックを異物として免疫反応が起こります。

シリコンバックをコラーゲン繊維で包み込み、厚く硬い塊になり、痛みを生じさせます。

石灰化

体内のカルシウムがシリコンバックに付着し硬質化する。

それによりシリコンバックが破損しやすくなる。

リップリング

シリコンバックの縁が折れたり、大きさが合わないと胸の表面にしわや尖りが出る。

加齢による体系変化でも起こりうる。

パートナーにばれる

夫婦なのかカップルなのかによっても変わるが、最悪の場合は分かれたり離婚という事にもなりかねない。

罪悪感と後遺症への恐怖を誰にも相談できない孤独感。

胸を大きくする方法は手術だけじゃない

大人のバストサプリLUNA

バストアップなら胸にメスを入れなくてもサプリメントで出来ます。

胸の大きさはホルモンバランスが重要らしく、そこを改善すれば胸が大きくなるらしいですよ。

大人のバストサプリLUNAでは、「黄体期」と「卵胞期」にそれぞれに対応した2種類のサプリメントがあり、口コミでも人気です。

豊胸手術のデメリット!危険じゃない方法が他にあるよの感想

豊胸手術をすれば確実にバストアップできるが、後遺症の問題や、罪悪感が付いて回る。

聞けんじゃない方法が他にあるのなら、豊胸手術は最後の最後の最後の手段にしたいです。

胸を開いて異物を入れるという行為はやはり危険だと思う。

まずは口コミでも評判のいい大人のバストサプリLUNAを試してみて欲しいです。

数あるサイトの中から「サプリlunaが話題!人気の秘密とは!?」を閲覧していただき、ありがとうございました。

詳しい内容は大人のバストサプリLUNAの公式サイトでキャンペーンや口コミを見て頂ければと思います。
⇒⇒⇒LUNA 美容ケアサプリ今だけキャンペーン中


 - ダイエット