ベジママで妊娠したブログ

ベジママ、その他の妊活情報

*

【ワンコイン弁当消える】が話題!30秒でわかる解説

   


ワンコイン弁当消えるとは何ぞや?

ワンコイン弁当消える

ワンコイン弁当消えるとは路上で売られている500円弁当が消えるかもしれないという話題

今までは路上で弁当を並べて販売する行為については届出をするだけでできていたが、温度管理を徹底して許可制になるとの事。

炎天下の路上で弁当を売るのは食中毒の原因になるとして東京都が動いたとの事。

東京都の調査によるとワンコイン弁当を販売している業者260に対し、158の業者が弁当を保冷なしのプラスチックの衣装ケースなどに弁当を入れて販売していた事が分かった。

10月からは、路上でのワンコイン弁当販売を許可制にするほか、販売時には食中毒防止の講習を受けた「食品衛生責任者」の設置が義務付けられる。

また、弁当をクーラーボックスなに入れ、保冷されていない場所に並べて販売するのも禁止。

無許可で路上販売した場合、6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられる。

ワンコイン弁当消えるの感想

まあ食中毒の危険を考えれば当たり前の措置なのかなと思う。

レストランに入ると1,000円くらいは取られるので少ないお小遣いでやりくりしているサラリーマンには痛いですよね。

ワンコイン弁当は消えるわけではなく、ちゃんと届出をして講習を受けた人がいれば販売可能。

10月から施行なので販売業者は急いで「食品衛生責任者」の取得と許可を取るのを急ぐべし。

数あるサイトの中から「【ワンコイン弁当消える】が話題!30秒でわかる解説」を閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


 - ダイエット