ベジママで妊娠したブログ

ベジママ、その他の妊活情報

*

【AID(非配偶者間人工授精)】が30秒でわかる解説!妊娠・妊活・不妊用語集

      2016/09/01


AID(非配偶者間人工授精)とは何ぞや?

ベジママを34歳の夫婦が飲んで2ヶ月で妊娠した

AID(非配偶者間人工授精)とは夫以外の精子を使って人工授精させる事です。

妻は妊娠できる状況にあっても夫が無精子症等の理由で問題があり妊娠出来な場合があります。

その時は代理で他の男性の精子を使って人工授精させるという方法です。

法律上は可能という事ですが、産まれてくる子供自身の知る権利によりAID(非配偶者間人工授精)である事を伝えるかどうかが問題にされているようです。

AID(非配偶者間人工授精)は1948年から始まり、今までに1万人以上産まれているそうです。

料金については、保険対象外ですが3万円程で受けられるそうです。

AID(非配偶者間人工授精)の感想

AID(非配偶者間人工授精)は倫理的にも難しく考えられているが、今までに1万人以上産まれているという事もあり社会的にも浸透してきているようです。

不妊や妊活とはまた少し違った難しさがあると思います。

数あるサイトの中から「【AID(非配偶者間人工授精)】が妊娠・妊活・不妊用語が30秒でわかる解説」を閲覧していただき、ありがとうございました。

筆者の妊活サプリ体験談はコチラ

夫婦共に34歳で10ヶ月妊娠できなかったのにベジママを飲んだら2ヶ月で妊娠した!


 - 妊娠・妊活・不妊用語集