ベジママで妊娠したブログ

ベジママ、その他の妊活情報

*

【アンドロゲン】が30秒でわかる解説!妊娠・妊活・不妊用語集

      2016/08/10


アンドロゲンとは何ぞや?

ベジママを34歳の夫婦が飲んで2ヶ月で妊娠した

アンドロゲンとは男性ホルモンの総称です。

男性ホルモンとは男性の体が男性らしくあるために必要なホルモンです。

主には男性性器の成長、精子を作りだす、男性らしい強い体の形成、性欲などに影響を与えるホルモンです。

不妊治療に関わりにあるのはアンドロゲン(男性ホルモン)の中でもテストステロンというホルモンで、精子を作りだすのに重要なホルモンです。

女性にもアンドロゲン(男性ホルモン)は少量ですが分泌されます。アンドロゲン(男性ホルモン)の影響は主に毛深くなったり声が低くなるそうです。

女性の分泌量は男性の1/10程度が正常値だそうですが、多く出すぎると排卵障害やPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の原因になるそうです。

その代表的な疾患はPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)で、男性ホルモンの影響で、多毛、肥満、声の低音化などの徴候が見られることがあります。

アンドロゲンの感想

男性ホルモンなのに女性にも分泌されるというのが不思議。

男性ホルモンとか女性ホルモンという呼び方はある意味性差別なのかもしれない。

男性は男性らしく、女性は女性らしくという昔の風潮が色濃く出て男性ホルモンとか女性ホルモンというネーミングがされたという事でしょうか。

その点、男性ホルモンの事をアンドロゲンと呼ぶのは先入観の内構成なネーミングだと思います。

さて、アンドロゲンは男性に多ければ多いほど男性らしい、つまりは性欲や精機能も強くなるとの事。

逆に女性にアンドロゲンが増えてしまうと不妊の原因になってしまうとの事。

アンドロゲンが少ない男性や多すぎる女性の為の不妊治療もあるそうです。

数あるサイトの中から「【アンドロゲン】が妊娠・妊活・不妊用語が30秒でわかる解説」を閲覧していただき、ありがとうございました。

筆者の妊活サプリ体験談はコチラ

夫婦共に34歳で10ヶ月妊娠できなかったのにベジママを飲んだら2ヶ月で妊娠した!


 - ダイエット