ベジママで妊娠したブログ

ベジママ、その他の妊活情報

*

妊娠中や生まれた赤ちゃんに安全安心なウォーターサーバーとは

   


妊娠中や生まれた赤ちゃんに安全安心なウォーターサーバーとは

妊娠中赤ちゃんに安心安全なウォーターサーバー

妊娠中や生まれた赤ちゃんに安全安心なウォーターサーバーがあるのか調べてみる

妊娠中や生まれた赤ちゃんが飲んだり食べたりする物には気をつけたいですね。

そこで今回は水について調べてみました。

一昔前は水道水を飲んでいた訳ですが、最近はペットボトルの水が安全とされています。

我が家では私(夫)は喉が渇いたら麦茶を、サプリメントや薬を飲む時は水道水を飲んでいます。

妊娠中の奥さんは牛乳、ルイボスティー、アセロラジュース等を飲んでいて、サプリメントや薬はペットボトルのミネラルウォーターを飲んでいます。

奥さんは料理に水道水を使うことはあってもそのまま飲む事は絶対にしません。

ペットボトルの水も良いのですが、安いですが大量購入する為お金がかかったり、空のペットボトルの処理が大変です。

そこでウォーターサーバー設置を検討していますが、ウォーターサーバーって色んな会社が出していてどれが良いのか分からない。

ウォーターサーバーを選ぶなら安全、軟水硬水、価格(お金)

妊娠中の方が飲んだり、生まれた赤ちゃんのミルクを作る事を想定するなら安全が最優先ですよね。

次に軟水硬水等の質です。

硬水はミネラルが含まれていて健康に良いらしいのですが、含まれる物によっては赤ちゃんのミルクに使えない水も有るそうです。

最後に価格(お金)です。

妊娠中の方や生まれた赤ちゃんに飲ませるとなるとやはり価格(お金)より安全安心なものじゃないとね。

特に生まれた赤ちゃんは抵抗力が弱いので安全には気をつけたいですね。

安くて粗悪な水を飲んだがためにアレルギーや健康被害があってはならないです。

スポンサーリンク



安全なウォーターサーバーとは

まずは妊娠中の方や生まれた赤ちゃんが飲んでも問題ないウォーターサーバーをとは何か考えてみましょう。

安全とは主に衛生面です。

ウォーターサーバーってでっかい水のボトルが上に付いてるイメージありますよね。

ボトルの中水自体はどこのメーカーもほぼ安全らしいのですが、ボトルとウォーターサーバー本体の接合部に雑菌が繁殖してしまうそうです。

重要なのはメーカーがウォーターサーバーのメンテナンスを定期的に行ってくれるかという所ですね。

雑菌は空気と水があれば増えちゃうんで定期的に清掃や部品交換するのが大事です。

ウォーターサーバーの軟水硬水

赤ちゃんのミルクを作るのに適さないミネラルウォーターが有るそうです。

硬水(硬度の高い水)のミネラルウォーターは消化に悪く赤ちゃんの内臓に負担をかけてしまいます。

また、硬水だと粉ミルクの成分を破壊してしまうそうです。

つまり、ウォーターサーバーで提供さる水は軟水(硬度の低い水)が良いとされています。

具体的には硬度100以下の水がが推奨されています。

「このウォーターサーバーの水は美味しい!!」ってCMを見る事が有りますが、大人が飲むのは良いですが、赤ちゃんにはダメダメですよ!!

味がするって事は水以外の物が混ざってるって事です。

純粋で硬度が低い水の事をピュアウォーターまたは超軟水と呼ぶそうです。

ちなみに、硬度が高くなればなるほど、雑菌が湧きやすいそうです。

水に含まれたミネラルが雑菌のエサになってしまうそうなんですが、ピュアウォーターはほとんど雑菌がわかないそうです。

価格の安いウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーの価格については優先度が低いので深追いはしません。

安全安心をうたっている水がめちゃくちゃ安いと逆に心配になりますよね。

大事な赤ちゃんも口にするのですから、一番安いものでは無く平均以上の物を使いたいですよね。

水代とは別にウォーターサーバーのメンテナンスにお金かけてるメーカーとか水質にお金かけてるメーカーが良いと思います。

妊娠中や生まれた赤ちゃんに安全安心なウォーターサーバーとはの感想

ウォーターサーバーって使った事が無かったので仕組みとか全然わかりませんでした。

今回調べてみて選ぶ時の指標を知る事が出来ました。

沢山出ているのでコツコツ探したいと思います。

やはり最優先はピュアウォーターである事でしょうかね。

ウォーターサーバーって意外とお湯も出せたりするので便利そうでいいですよね。

数あるサイトの中から「妊娠中や生まれた赤ちゃんに安全安心なウォーターサーバーとは」を閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク




 - 妊娠中や生まれた赤ちゃんに安全安心なウォーターサーバー