ベジママで妊娠したブログ

ベジママ、その他の妊活情報

*

妊活中に気をつけたい衣食住

      2016/09/01


妊活中に気をつけたい衣食住とは

妊活サプリベジママ
妊活中には気を使う事が多いですよね。

特に女性の方については、なるべく体が冷えないようにして、体に良いものを食べたりとかいろいろです。

妊活中の住まい

妊活中といよりかは妊娠した時の条件に合う住まいかが重要です。

妊娠中や出産後に引っ越すのは疲れるしストレスがかかるので、妊娠前に産まれてくる赤ちゃんと暮らせる住まいで生活しているのが理想です。

アパートやマンションなら1階

妊娠中にしろ、赤ちゃんが産まれた後にしろ、階段の昇り降りは大変だし非常に危険です。

そのような事が無いように、1階もしくはエレベーターのある建物を選びましょう。

防音のある建物

産まれたばかりの赤ちゃんは24時間関係なく大声で泣いてしまいます。

家族はもちろんストレスでしょうが、お隣さんの部屋まで響いてしまうとご近所迷惑です。

例えお隣さんが「大丈夫です。気にしないでください」と言ってくれても、迷惑をかけているのでは無いかとストレスを感じてしまいます。

最近建てられたアパートやマンションであれば鉄骨で防音もしっかりしていますが、古い建物は聞こえてしまう事が有るようです。

住まいの近隣の施設の確認

気が早いですが、幼稚園、小学校等が近くにあるのかもチェックしておきましょう。

病院、スーパー、ドラッグストア、コンビニが近くにあるのかもポイントですよ。

妊活中の衣類

冬は寒いし夏場はエアコンで冷えるので大事な所はしっかり温めましょう。

妊活中の女性の衣類

女性で冷え性が気になる方はお腹から下腹部が冷えないようにしましょう。

腹巻きや毛糸のパンツでしっかり保温しましょう。

うちの奥さんは西松屋でマタニティパンツを買って履いていました。

お腹まであるでかいパンツです。

妊活中の男性の衣類

保温については男性は女性ほど気を使わないです。

ただし、暑すぎるのは良く無いらしいです。

睾丸を40度以上温めると精子の活動が下がるらしいです。

なので男性は熱い風呂に入ってからの仲良しは良く無いらしいです。

その他にはパンツの締め付けも精子に良く無いそうです。

ボクサーパンツよりはトランクスのような緩いパンツの方が良いとの事。

妊活中の食事

妊活で一番大切なのが食事です。

特に女性は食事に気を付けましょう。

うちは夫婦共に妊活サプリのベジママを飲んでいました。
ベジママで妊娠した

女性は葉酸

妊活と言えば葉酸と言うほど重要な栄養素です。

ほうれん草等による含まれる葉酸ですが、水溶性のビタミンのため湯搔いたり、調理する過程でお湯に溶け出してしまいます。

妊娠後の話ですが、厚生労働省では妊娠初期は料理ではなくサプリメントで1日に400μgの葉酸を取るように推奨しています。

それは、料理からでは安定して必要分を取るのは難しいからです。

うちも妊活中は葉酸のサプリメントを夫婦で飲んでいました。

葉酸サプリはいろいろ飲んでいましたが、最終的にはベジママを飲んで妊娠出来ました。

男性は亜鉛

亜鉛は精子の材料となる栄養素です。

参考になるかは分かりませんが、うちの場合は排卵予定日の2日前くらいから高温期まで毎日仲良ししていました。

亜鉛が無いと無理です。無理無理。

妊活中に女性が食べてはいけない物

生肉、魚介類、生卵、ビタミンAの含まれる食材、カフェインの含まれる食材、アルコール等など

生肉がだめなら焼いた肉ならいいのかという事ですが、しっかり火を通したものにしましょう。

外食やバーベキュー等他人が焼いたものについては注意しましょう。

それにカフェインと言えばコーヒーというイメージがありますが、緑茶や麦茶などにも含まれている場合があります。

お茶等買う場合はノンカフェインというのを選んで買いましょう。

数あるサイトの中から「【妊活中に気をつけたい衣食住】が話題!30秒でわかる解説」を閲覧していただき、ありがとうございました。

筆者の妊活サプリベジママ体験談はコチラ

夫婦共に34歳で10ヶ月妊娠できなかったのにベジママを飲んだら2ヶ月で妊娠した!


 - ベジママ