ベジママで妊娠したブログ

ベジママ、その他の妊活情報

*

妊娠に必要な栄養素を含む食べ物

      2016/09/01


妊娠に必要な栄養素を含む食べ物

妊活の食べ物

妊娠に必要な栄養素を含む食べ物

妊娠しやすい体作りに必要な食べ物もあれば、逆に体に悪い物も有ります。

妊娠しやすい体つくりには主に体を温める、女性ホルモンや子宮に良い栄養を取るのが良いです。

栄養のある食べ物を食べるのも大事ですが、規則正しく食べる、食べ過ぎない等も気をつけましょう。

また、インスタントや化学調味料は控えると言った事も大事になります。

妊娠に有利な食べ物

妊活中の女性に良い食べ物ですが、基本的には健康に良い食事を心がけて、規則正しい食生活を心がけましょう。

体を温めて冷えから守ってくれる食べ物

妊活にとって冷えは大敵です。

基礎体温、子宮温度をあげる事で妊娠しやすい体を作ります。

にんじん、かぼちゃ、小豆、リンゴ、オレンジ等

リンゴは毎日食べると病気しないと言われるほど健康に良い果物です。

切って剥くだけなので朝食、お弁当、おやつでも忙しくても気軽に食べられます。

間食でスナック菓子を食べるよりもリンゴを食べましょう。

ただ、リンゴジュースをがぶ飲みするとお腹を冷やしてしまうので控えましょう。

葉酸を含む食材

妊活と言えば葉酸ですよね。

妊娠した時に子宮内の細胞分裂の手助けをします。

ほうれん草、レバー(牛、豚、鶏)、グリーンアスパラガスなどに含まれる。

葉酸は水溶性のビタミンなので茹でるとお湯に溶け出してしまいます。

ほうれん草ならおひたしがいいでしょう。

レバーについてはしっかり火を通しましょう。

ルイボスティ-

最近スーパーでも良く見かけるようになったルイボスティーです。

妊娠に必要なミネラルを多く含み、心を落ち着かせる効果や寝る前に飲めば安眠効果も有るそうです。

ペットボトルに入った物も売っていますし、パックも売っているので自分で沸かして飲む事もできます。

パックは作る手間は有りますが経済的です。

ビタミンCを含む食べ物

ビタミンCには抗酸化作用があり、子宮への老化ダメージを軽減してくれます。

ビタミンCを含む食材は、バナナ、イチゴ、キウイ、グレープフルーツ等が有ります。

バナナも手軽にに食べられるし食物繊維もあるので1日1本食べましょう。

ビタミンEを含む食べ物

ビタミンEには子宮を廊下ダメージから守る効果と自律神経を整える効果が有ります。

アーモンド、落花生、豆乳等に含まれます。

こちらもおやつ感覚でアーモンド良いですね。

うちの奥さんもアーモンドを良くテレビやスマホを見ながらポリポリ食べています。

妊娠に必要な栄養素を手軽に取れる妊活サプリのベジママ

毎日ほうれん草食べたりレバーを食べるのは正直辛いですよね。

また、調理する過程で栄養素が死んでしまったり溶け出してしまうものもあり、殆ど取れていないなんて事も有ります。

厚生労働省も葉酸については調理過程で失われやすいので、サプリメントで摂るように推奨しています。

オススメはベジママ

なかなか妊娠できなかったのでネットで調べまくって見つけたのが妊活サプリのベジママです。
ベジママ
妊活雑誌などのメディアで沢山取り上げられていて評判も良いようです。

上に挙げた必要な栄養素を全てカバーしている上にピニトールも入っています。

最大のオススメ理由は我が家では2ヶ月飲んでいただけで妊娠できた事です。

手軽に妊娠に必要な栄養素を取れるので忙しい人でも大変重宝します。

水分は冷たい物を避ける

夏場は冷たい物をを欲しますが、体が冷えるのとお腹を下してしまうのが良く無いです。

水は常温、サプリメントや食事を取るときは白湯が良いとされています。

数あるサイトの中から「妊娠に必要な栄養素を含む食べ物」を閲覧していただき、ありがとうございました。

筆者の妊活サプリベジママ体験談はコチラ

夫婦共に34歳で10ヶ月妊娠できなかったのにベジママを飲んだら2ヶ月で妊娠した!


 - ベジママ