ベジママで妊娠したブログ

ベジママ、その他の妊活情報

*

子育てについて

      2017/09/11


子育てについて

ベジママというサプリのおかげで子宝に恵まれた私たち夫婦です。

妊活⇒妊娠⇒出産を目標に考えていた妊活時代でしたが、産まれたら産まれたで大変な事も多いですね。

お金も大事だし知っておかなければならない事も沢山あるし、行政もうまく利用しなくてはなりません。

子育てに大事お金編

お金大事よ。

結婚式でも給料袋とお袋と堪忍袋は大事って言われていますよね。

給料袋つまりお金です。

結婚すると子育てに限らずお金が必要で必要で必要で足りてません!!

妊娠前も妊娠中もお金がかかります

出産するまでに病院で検査やら必要であれば入院やらでやたらお金がかかりますよ。

出産でも補助金がでても自腹で10万以上とられるしね。

うちの場合は切迫早産気味とかで出産前に2回も入院してたから凄いお金がかかりました。

でもね、

医療保険に入っていたからトントンに出来たのです。

というか私たち夫婦が住んでる市では妊婦が病院にかかると無料になったりあとで戻ってきたりします。

入院って食事代やらお部屋代は保険適用外だからお金もらえないんですよね。

でもその分は保険でカバー出来ました。

実は保険2重に入っていたのです。

保険屋さんに新しい保険を薦められて入ったのだけど、今まで入ってたのが凄い安かったから魔除けと思って入っていなさいと言われました。

その言葉を信じて解除しなくてよかったと思います。

解除してたら出産前の入院でかなり赤字になっていましたね。

奥さんも妊娠中は仕事できないから出費があると本当に大変でね。

市に申請すれば治療費や入院費は戻ってくるけど2ヶ月後とかだしね。

カードキャッシングに頼らざるを得ない状況ですよ。これ。

そんなわけで子供が欲しければお金も必要ですってことだよ。

でもね、お金が溜まったら子供作ろうって家の夫婦は考えていたけど他の人もそう思ってると思う。

それが罠!!

お金なんて溜まりません!

こんな世の中ですからね。

お金が溜まったらなんて考えていたら夫婦そろって30代半ばになってました。

妊娠出産リスク考えるともう待ってられないってことで妊活始めたけど全然妊娠しねぇ!!

30代半ばだから?

1年弱妊娠できなかったので妊活サプリのベジママを飲んだら2ヶ月で妊娠できたのは驚きました。

不妊治療って保険適用外が多いからお金かかっちゃうんだよ。

不妊治療する前に妊活サプリベジママで妊娠出来て良かったぜ。

とまぁ妊娠、出産までにはお金がかかります。

お金が大事、お金がすべてです。

出産後もお金がかかります

子供産まれた後もなんだかんだ毎月お金がかかります。

出産祝いで補てんできるんだけど内祝いのお返しで何割か削られるしね。

赤ちゃんの服、おむつ、チャイルドシート、ベビーカー、写真館等など、

赤ちゃん用品とか祝い事関係の物って定価が高く設定してある気がする。

写真館なんて3万5千円もかかったしね。

出産祝いやらボーナスがガンガンけずられていくわけですよ

本当にこまったものですね。

子育てで知っておかなければ行けない事

人間の赤ちゃんって本当に弱いし何もできません。

野生の草食動物なんて産まれてすぐに立ち上がるっていうのに人間の赤ちゃんはゆとり度高いっす。

首据わり

人間の赤ちゃんが歳弱たるゆえんの一つ首が座っていないという事。

体の中で一番大事な頭を支える首がヘニャヘニャで支えられないのです。

下手したら首がポッキリ行ったり神経に支障をきたすという頼りなさ。

これ聞いただけで親としては抱っこするのも少し怖くなります。

人間の赤ちゃんって建物の中で産まれて過ごす事前提ですよね。

サバンナでは多分生きていかれないですよ。

寝ぐずり

私もこれ初めて聞いた時にはそんなばかな!!と思いました。

眠くて寝たいのに泣きだすという奇妙な習性です。

眠いなら寝ればいいじゃんって思うけど、赤ちゃんは眠い時に抱っこ等して甘やかされないと寝れないそうなんです。

本当に未熟のまま産まれてきたようなもんですよね。

ハチミツはダメ!!

これは最近ニュースにもなりましたよね。

赤ちゃんにハチミツを飲ませると病気になるそうで、下手すると無くなる事もあるようです。

自然な甘みを感じてほしくて嘗めさせたい」ような気もするけどダメです。絶対に。

胃腸でハチミツを消化吸収する段階でまずい事になるらしい。

なので母乳をあげてるお母さんはハチミツ嘗めても大丈夫なんです。

お母さんがハチミツのんで生成された母乳は危ないと思いがちですが、お母さんの体のなかで消化吸収が住んでいるので問題ないそうです。

他にもいろいろ

薬や洗剤などに良く記載されているのが「お子様の手の届かないところに保管してください。」です。

子供は好奇心旺盛でなんでも口に入れたがるようです。

散らかった部屋では赤ちゃんは育てられないという事ですね。

行政のあれこれ

市によってルールが違うみたいなんですが、うちの市では妊娠時に病院にかかった場合は保険適用の物であれば全額戻ってきます。

これは病院の領収書をコピーするだの申請用紙に記入して役所に提出するだの手続きを踏まないと帰ってきません。

児童手当だって申請しないともらえないんですよ。

だからと言って役所は役所。

お金が返ってくる事を知らなければ申請できないし、役所の人は親切な人ばかりえはないので教えてくれない場合もあります。

知らなければ大損する事になるのです。

厳しいですよね。


 - ベジママ