ベジママで妊娠したブログ

ベジママ、その他の妊活情報

*

【京浜川崎シーバース】が話題!30秒でわかる解説

      2015/05/28


京浜川崎シーバースとは何ぞや?

京浜川崎シーバース

京浜川崎シーバースとは川崎市の東京湾にある港の事です。

【5/28追記文】

京浜川崎シーバースで5月28日朝早く、京浜川崎シーバースから原油が流出しているのを第三管区海上保安本部の巡視艇が見つけました。

原油は約15キロメートル離れた横浜港・南本牧沖まで流れ出しているとの事。

今月15日にも京浜川崎シーバースでパイプから原油が漏れ出す騒ぎがあり、同じパイプが原因と見られている。

【5/28追記文の感想】

同じパイプから原油が漏れ出しているというのは会社的に大問題ではないか。

しっかり点検していれば今回の原油漏れは防げたはず。

15キロ先まで流れ出ているという事は回収するのはかなり難しいでしょう。

というか最初に発見したのが京浜川崎シーバースではなく海上保安部だしね。

魚とか鳥に影響は出ないのだろうか心配。

【5/15記載文】

京浜川崎シーバースで5月15日午後10時半ごろ、原油タンカー「TAKAMINE」から油が流出したと118番通報があった。

原油タンカー「TAKAMINE」から陸のタンクに原油を送っていた所、パイプから油が漏れ出したとの事。

海に浮いている原油は発火の可能性もあるため、海上保安部で調査した後に、ただちに処理するとの事。

原油タンカー自体からは原油漏れはないとの事。浜川崎シーバースは羽田空港の近くにあるという。

施設の北東6.5キロ、南西1.8キロの範囲に油が広がったが流出すでに止まっている。

オイルフェンスで油の拡散も防止されている。

京浜川崎シーバースの感想

浜川崎シーバースの原油漏れについて発火の可能性も怖いが、環境問題も深刻。

魚やその魚を食べる鳥が原油まみれになるのではないか?

天気が悪いので海上保安部の人の作業も大変だろうけど事故なく頑張ってほしいですね。

【続報の感想】

とりあえず油の拡散が止まってよかったです。

あとは油の回収と原因の調査と京浜川崎シーバース側の改善ですね。

数あるサイトの中から「【京浜川崎シーバース】が話題!30秒でわかる解説」を閲覧していただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


 - ダイエット